今後、コンパクトマンションの需要はさらに高まり、株式会社フィードは躍進を続けるでしょう。

MENU

 

株式会社フィードについて

今、不動産業界で一目置かれている会社があります。

2007年に設立され、わずか3年で60憶の売り上げを達成した株式会社フィードです。
コンパクトマンションの販売を中心に行っており、今を生きる人々が求める需要に答えたのです。
会社が掲げる売り上げ目標は、100憶、200憶とも言われており、最終的には1000憶企業を目指しています。不動産業界の古いセオリーを廃止して、新しいスタイルを提供する株式会社フィードは今後も躍進を続けるでしょう。

 

そんな株式会社フィードの販売会社の強みとしては、
何と言ってもコンパクトマンションの需要です。

 

コンパクトマンションとは、一人暮らしとファミリー向けの広い家の中間に位置するものです。

 

近年、晩婚化が進んだり、DINKsと言う子供を意図的に作らず共働きする夫婦が増えて来ています。女性の社会進出が進んできた結果、結婚しても働き続ける選択肢を選ぶ人が多くなっているのでしょう。

 

子供を作らないとなると、二人暮らしが基本となります。
二人で暮らすならワンルームは狭すぎますし、4LDKのような広過ぎる部屋は持て余してしまいます。

 

そこで登場したのが、1LDKや2LDKでありながら充実した設備を整えたコンパクトマンションなのです。

そこで登場したのが、1LDKや2LDKでありながら充実した設備を整えたコンパクトマンションなのです。

 

このコンパクトマンションの需要は今後さらに高まっていくでしょう。
結婚せずに何年も何十年も連れ添うカップルも出て来ているため、そうした人達の需要にも応えています。
早くからその需要を見出しノウハウを貯めてきた株式会社フィードの未来は明るいと言えます。
お客様からの株式会社フィードの評判も上々です。

 

 

株式会社フィードに就職や転職を考えるなら、ここ数年がチャンスと言えるでしょう。

今後、コンパクトマンションの販売は飛躍的に加速していくことが予想されます。
それを自ら営業として売り込んだり、暮らしに役立つ企画開発を行えば、間違いなく会社からの評価は高くなります。

 

株式会社フィードの給料や待遇について
また、株式会社フィードの給料や待遇についても注目する点があります。

 

不動産会社の給料体制は、基本給+インセンティブが多いです。
インセンティブとは営業の成績などによって給料が増えることです。

 

株式会社フィードでは、3ヶ月の研修期間があるものの、月給25万+インセンティブ100万を給料モデルとしています。つまり成績次第では年収が1000万を超えるケースもあり得るのです。

 

入社1年目で年収1000万を超える可能性があるのは非常に珍しいでしょう。
大手不動産会社でも年収が1000万を超える人は居ますが、30代の役職を持っている人が多いのです。

 

  • 福利厚生も各種社会保険が完備されています。
  • 寮や社宅が完備されているのも強いメリットでしょう。
  • さらに珍しいのは勤務時間でしょうか。

    13時出社が許可されているので、夜の方が仕事に集中できる人は嬉しい制度と言えます。

 

こうした完全実力主義な給料体系と13時出社のような奇抜な制度は、代表の中村建治氏の魅力では無いでしょうか。

 

中村建治氏は、不動産業界に参入したきっかけを、父への憧れと答えています。
お金を儲けたいからなどではなく、憧れを仕事にして成功した人が居る会社は非常に強いです。
職場は人生の道場とも表現しており、社員が豊かになって欲しいと考えています。

 

 

会社は社員を蔑ろにして、利益だけを優先する傾向がありました。
しかし、社員を本気で豊かにしようと考え、それがお客様の満足度に繋がるとしている中村建治氏は、人生のリーダーとしてふさわしいでしょう。

ブラック企業が問題視されている現代において、中村建治氏は理想を理想のままにしないで現実にする力を持っているのでしょう。

 

中村建治氏は理想を現実にする

 

中村建治氏は会社名のフィードに込められた信頼の何に適した存在です。

 

人生の豊かにするため、人として成長するため、仕事をこなす力を付けるため
会社に飛び込んで見てはいかがでしょうか?
営業力向上やスタッフ対応の力も身に付きますよ!