東京都の人口推移や生涯未婚率などを見ると株式会社フィードの成長性は非常に高いと言えます。

MENU

成長性

株式会社フィードが注力して販売するコンパクトマンションは、今後も需要が高まるでしょう。
それは根拠のない憶測では無く、綿密な計算による確定的な未来なのです。

 

市場分析が行われ、興味深い結果がデータとして表れています。

 

まず、東京都の2000年からどんどん増加傾向にあり、2015年の時点で1316万人にも及んでいます。

2000年の時点では1206人だったため、この15年で100万人以上人口が増えた事になります。
それだけ東京には人が集まっているのです。
高層マンションが増えた結果、より多くの人が住めるようになったのも大きいでしょう。

 

そして、この人口は今後も増え続け、2020年には1335万人まで増えると言うデータが国勢調査で作成されているのです。
このデータは、都心を中心にマンション販売を行う株式会社フィードにとって、
顧客が増え続けることを意味しています。

 

 

さらに、国立社会保障・人口問題研究所の人口統計資料集では、生涯未婚率が今後増加の一途を辿ると予測しています。

2020年には男性の生涯未婚率は30%女性は20%に上るとされています。
こうなるとファミリー向けのマンションを増やすよりも、シングル向けのコンパクトマンションの需要の方が高くなるでしょう。
これも株式会社フィードにとって追い風となるのは間違いありません。

 

 

また、子供を作らずに共働きをするDINKsも増加傾向にあるようです。

女性が社会的地位を手に入れ、そのまま働き続けるのが多くなった証拠でしょう。
こうした夫婦が住む場所としてもコンパクトマンションは注目されています。

 

株式会社フィードはまだ芽吹いたばかりです。
60憶の売り上げを足掛かりに、100憶、200憶、最終的には1000憶規模の会社へ成長すると予想されます。また、アフターケアも怠らないところも今後成長が期待される一因です。

 

会社の将来性、成長性としては抜群に高いと言えるでしょう。
成長性のある会社ではプライドを持って出来る仕事が溢れているものです。
やりがいを求めている人は、株式会社フィードの門を叩いてみてください。