銀行融資は審査が厳しいため、中小企業は他の資金調達法を模索中です。

中小企業の資金調達に関するサイトのヘッダー画像

資金調達に苦しむ中小企業

全法人の99%を占める中小企業

 

みなさんは「日本に存在する全法人の99%以上が中小企業である」ということをご存知でしょうか?
日本経済を支えているのは中小企業であると言っても過言ではありません。

 

しかし、中小企業の多くが「資金調達」に苦しんでいる現実があるのです。

 

 

銀行からの融資が厳しい

 

銀行融資を受けられない中小企業

中小企業が最も活用している資金調達として、主に銀行のような「金融機関からの融資」が挙げられます。

 

しかし、大企業と比べると中小企業は銀行融資を簡単に受けられるわけではありません

 

その理由として、銀行は「過去の実績」を見て、その企業が信用に値し、融資すべきかどうかを判断するからです。

 

これから始めようとしている事業の内容が優れていたとしても、あくまで「過去」を基準に融資を決めるのが銀行なのです。
大きな実績のない中小企業の多くは、融資のための審査を通ることが難しく、通ったとしても少額の融資しか受けられない、といったケースもあります。

 

 

アピール次第で融資の可能性は高まるが…

 

膨大な資料が必要な銀行融資の審査

企業は、自社が融資に値することをアピールするために、財務情報や事業計画に関する膨大な資料を用意しなければなりません。

 

これらの資料を作成するためには専門知識を持った人材が必要なのですが、中小企業にはこういった人材を雇う余裕がないのです。

 

したがって、融資を勝ち取るべく、本来の業務を後回しにしながら自分たちで資料を作成していくことになります。
しかし、そもそも実績がないですから、銀行に対して十分にアピールできる資料を作れることもなく、融資も受けられないという結末を迎えてしまいます。

 

 

銀行融資以外の方法を模索中

 

以上のような理由から、中小企業は銀行による融資に期待しすぎずに資金調達を考えなければなりません。
必要に迫られる形で、様々な方法が試されるようになっています。

 

  • 日本政策金融公庫からの借入
  • ノンバンクによるビジネスローン
  • 第三者割当増資
  • 資産の売却
  • 不動産担保ローン
  • 国・自治体からの補助金や助成金
  • クラウドファンディング
  • ソーシャルレンディング
  • ファクタリング

 

ここに挙げた以外の方法もたくさん考えられますが、銀行融資以外にも活用できる資金調達法はある、ということがおわかりいただけたかと思います。

 

もちろんそれぞれの方法にメリット・デメリットの両面があるため、しっかり検討した上で利用していく必要があります。
中には少額しか借入できないものもありますので、複数の方法を上手く組み合わせることで、事業を進めていくのに十分な資金を集めていくとよいでしょう。