ソーシャルレンディングでは、銀行融資とは異なる基準で審査されます。

中小企業の資金調達に関するサイトのヘッダー画像

投資家なら聞いたことあるかも?

投資家の間で注目されるソーシャルレンディング

 

企業が資金を調達する方法の1つに「ソーシャルレンディング」があります。
この言葉をあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか?

 

このサービスは、企業目線で語られるよりも、どちらかと言うと、投資家目線で話題に上がることの方が多いのです。
他の投資と比べてもリスクが低く、少額から始められるので、サラリーマンが副業として行っていることもあります。

 

今回は、そんなソーシャルレンディングというサービスを、資金調達に苦しむ中小企業向けに、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

 

 

ソーシャルレンディングとは?

 

まずは「そもそもソーシャルレンディングって何?」という疑問にお答えします。

 

融資型のクラウドファンディング

ソーシャルレンディング事業者は、資産運用をしたい投資家からお金を集め、資金を集めたい企業へと融資を行います。
基本的な考え方として、企業というよりは事業(案件と呼ばれます)に投資する形となっています。

 

以上のことから、ソーシャルレンディングは「融資型クラウドファンディング」と呼ばれることもあります。

 

「クラウドファンディング」とは、インターネット上で不特定多数の個人から資金を集めることのできるサービスのことです。
このサービスには様々な種類があり、その中でも特に「融資」の側面を持ったものが、「ソーシャルレンディング」と呼ばれているのです。

 

金利はだいたい10%前後と言われていますので、銀行融資よりは高く、ノンバンクからのビジネスローンよりは低いです。

 

 

ソーシャルレンディング事業者の利益は?

 

では、事業者はどのように利益を上げているかというと、サービスの利用手数料です。

 

金利は先に示した通り、案件によってさらに高くなることもありますが、約10%が相場となっています。
そのうち、5%を貸し手が利回りとして獲得し、残りの5%を事業者が利益として得ています

 

 

 

なぜオススメなのか

 

このソーシャルレンディングを中小企業にオススメする理由は「審査の仕方」にあります。

 

中小企業の多くは銀行から融資をなかなか受けられない状況にあり、資金調達に苦しんでいます。
銀行は一般的に「過去の実績」や「資本」を基準に融資実施の判断を下しますが、ソーシャルレンディングでは「貸したお金が返ってくるか」を審査します。

 

審査の仕方が異なるソーシャルレンディング

 

企業自身を審査するというよりもむしろ、融資の対象となる事業が「確実な収益を見込めるかどうか」を審査すると言ってもよいでしょう。

 

したがって、銀行の厳しい審査に苦しんでいる企業がこぞってこのサービスを利用し始めているのです。